【夏バテ?生活習慣?】原因不明の食欲不振で増量が停滞中。

こんにちは、初めましての方はじめましてシュンです。

原因は不明ですが、お盆前から夏バテにかかってしまい増量が停滞してしまいました。(68〜69kgで停滞。)

主な症状として、

  • 下痢
  • 食欲不振(ご飯を見ると吐きそうになる)

を強く感じています。

僕が行なった食欲不振対策は以下のようなもので、そこから想定される食よキュ不振の原因は以下のようなものでした。

〈対策〉

①:胃薬にもなっていると言う事でグルタミンをプロテインに混ぜて1日3回以上飲むようにする(合計15g以上になるように)

②:仕事やトレーニングの休養を増やして体を休ませる。

③:昼夜逆転生活を正常に戻す。(朝の時間帯に活動しているようにする)

④:水とサプリメントの量を減らす。

⑤:食べてすぐに横にならない。

〈原因として考えられる事〉

①:夏バテ

②:昼に起きて活動を始める(生活習慣が悪い?)

最近ではめっきり気温が下がってきたせいか、朝から仕事をするようになったからか分かりませんが、一時期よりも胸焼けや吐き気が大分治ってきました。

効果の程は不確かですが、僕が食欲不振になった時に実施した4つの改善対策を深掘りしてみます。

1.グルタミンを摂る

まずは栄養面で胸焼けや下痢を起こしている消化器官を休ませる方法は無いか?と、ネットで調べてみました。

すると、アミノ酸の一種であるグルタミンが胃腸にプラスになる働きをしている。という情報にたどり着きました。グルタミンは普段から摂取しているサプリメントですし、すぐに取り入れる事ができたのでプロテインに混ぜて1日の摂取量を増やしつつ補給していく事にしてみました。

情報源はこちらの動画となります。(2:50あたりから)

グルタミンと消化器官の関わり〜

  1. 小腸の唯一のエネルギー源がグルタミン
  2. 胃の粘膜を修復する働きがある

この情報が正確であれば、自分の弱っている器官にグルタミンが良さそうです。まずは、これまで通りのトレ後の5gに加えて、1日の他のタイミングで同じように5gを2回。合計1日に15g摂取するようにしました。

ちなみに使用しているグルタミンはiherbで購入したこちらのグルタミンです。↓↓

カネキンさんが動画で紹介していたサプリで、僕もそこからグルタミンを知りました。

商品ページへ – iherb公式

2.休養を取る

2つめの改善は休養について。

疲れた時や体の調子が悪い時はとにかく休む事が大切だと思いました。

特に胃腸を休ませ回復させたい時には、無理に食事を摂る事は避けなければなりませんし、食事が摂れないのであれば活動量は下げたいところです。

僕の場合、仕事時間を調整したり筋トレの頻度を落としたりして、積極的に横になる時間を増やす事にしました。

横になると内臓への血流が立っている時比べて3倍ぐらいになる。とYoutubeで山本義徳先生がおっしゃられていました。実際に僕も実践してみました。

3.睡眠タイミングを変える

仕事スケジュールの関係で、最近は昼夜逆転に近い生活を送っていました。

体が慢性的に疲れていて、日曜日になるとついつい寝すぎてしまい、そのせいで夜寝る時間が遅くなる→夜起きて昼まで寝る。昼から夜まで仕事。みたいな生活が続いていました。

1日のうち寝ている時間は同じでも、ゴールデンタイム(22時〜2時の間:成長ホルモンが出やすい時間帯と言われている)に寝るのと、そうで無いのとでは体調に大きな変化があるんだと思います。

僕は根っからの夜行性でクロノタイプ診断でも超夜型人間なのですが、今後はなるべく朝方生活にシフトしていけるよう1日のタイムスケジュールを工夫しないといけないな。と感じています。

4.水分摂取量

最後は1日に飲む水の量について。

季節が夏ということもあって、ジムと仕事を合わせて1日に約4リットルもの水分を摂っていたわけですが、如何せん食欲不振になってきたので一旦この量を見直し、最低限の水分量にしてみて様子を見る事に。水腹で食欲が出ない。という可能性を排除できると思います。

おわりに

ひとまず、原因はわかりませんがいくつか対策を打ってみる事にしました。

筋トレで増量(バルクアップ)を目指している人にとって、食欲不振はめちゃめちゃピンチな事です。

一刻も早くこの状況を打破出来るように願うのと、次また同じように食べられなった時に即座に対処出来るように自分の体で色々実験していきたいと思います。それではまた次回お会いしましょう!