筋トレ初心者がジムを選ぶ際の5つのポイント

おはようございます、シュンです。

毎月7,000円を支払いつつジムに通い始めて、はや1か月ちょっとが経ちました。

丸1か月も同じジムに通っていると、筋トレ初心者の時点では分からなかったジムの選び方の基準がしっかり見える様になってきた感じがしています。

現時点での僕の答えとして、

  1. あなたのライフスタイル(起床時間や出社時間など)
  2. あなたのジムに通う目的(筋肥大目的なのか、有酸素メインか?など)

この2つのポイント次第で、ジムを選ぶ際の良し悪しが大きく変わってくるのかな。と思います。

今回、分かりやすく記事にまとめてみるので、良ければジム選びやジムの見直しの参考にされてみてくださいね!

筋トレ初心者の為のジムの選び方

これは僕の実体験ですが、筋トレ(ジム)初心者がいざジムに通おう!と決心してから、実際にジムに通うまでは結構な道のりがあります。

ジム選びの難しいところ

  1. 自宅からの距離
  2. 営業時間
  3. 定休日
  4. 会費
  5. マシンの充実度
  6. ダンベルが何キロまであるか?
  7. 込み具合
  8. 風呂、サウナ、プールなどの施設充実度
  9. ヨガ、骨盤矯正などのスタジオメニュー

ざっくり言って、このぐらいは最低限チェックすべきポイントがあってとても迷います。僕の場合はジムAかジムBかの2択だったのでそこまで迷わずに決める事が出来ましたが、これがあと何店舗もあったらとてもじゃないですがまともに判断できなかったと思います。

ポイント1:ジムは大きく分けて3タイプ

現在、日本にあるフィットネスジムを大きく区分けすると、次の3タイプに分かれます。まずはこの中で、どのタイプが自分に合っているかを知ることから始めましょう。

タイプ1:総合スポーツジム

現在最もオーソドックスなジムのスタイルです。通う前からワクワクしそうなバラエティーに富んだフィットネスメニューが用意されており、私が現在利用しているジムもこのタイプです。やや会費が高かったり、営業時間が短かったりするのが難点です。私の通うジムの場合、月額7,000円でジムもホットヨガも使い放題です。

特徴

  • プールがある
  • 利用者の年齢層が幅広い
  • 中高年、主婦層に特に人気
  • 初心者をターゲットにしている
  • 開店時間が遅い,閉店が早い
  • 定休日があったりする
  • ヨガやエアロビなどのスタジオメニューが充実
  • 骨盤矯正やストレッチングなどの指導付き
  • 基本的な知識を持ったトレーナーがいる(知識のないアルバイトレベルもいる)
  • 筋肉もりもりの人は少なめ
  • ダンベルが10㎏まで。など物足りない事がある

総合スポーツジムの特徴はおよそこんな感じです。ボディメイク、筋トレ特化と言うよりは健康維持がメインの中高年をターゲットにした地域密着タイプのお店と言うイメージでしょうか。

このタイプがおすすめな人

  • ダイエット目的の主婦の方(友達が出来やすく、ジムが楽しくなるかも)
  • 健康維持が目的の中高年以上の方(気負いせず楽しめる)
  • 筋トレやランニング以外のスタジオメニュー(ヨガ、エアロビ)がやりたい人(ヨガ単体でスタジオに通うのと大して変わらないリーズナブルさ)
  • 比較的時間に余裕がある人(毎日、お昼ごろに通える方向け)

タイプ2:24時間営業のジム

どちらかと言うと筋トレに特化したタイプの営業形態です。風呂やサウナ、ヨガやエアロビ、プールなどの設備がほとんどない事も多く、店舗の床面積も比較的小さめです。その代わりに仕事やプライベートを並走させて好きな時間に筋トレする事が出来ます。

特徴

  • 24時間、年中無休
  • 店のスタッフが居ない時間帯がある
  • トレーニングマシンが充実している
  • ダンベルが50㎏まで。など重量設定が充実している
  • 店が省スペースであることが多い
  • ロッカーや飲料水などはオプション料金であることが多い
  • 風呂やサウナはなくシャワーのみであることが多い
  • 会費が安い

最近増えてきている24時間営業のジムの特徴はこんな感じです。体を鍛える事に特化させたシンプルなプランイメージです。

このタイプがおすすめな人

  • 忙しくて1日1時間程度しか時間が作れなさそうな人
  • ビジネスパーソン
  • 定休日を気にしたくない人
  • 筋トレ、有酸素運動以外はやらない人
  • ジムに通う際、風呂やサウナに浸かっている余裕がない人
  • 早朝、深夜に通う必要がある人
  • 筋トレ上級者を狙っている人

タイプ3:公営ジム

ラストは自治体が運営していたりする公営ジムタイプです。

特徴

  • 月会費ではなく、毎回少額支払い利用する
  • 必要最低限度のマシン、フリーウエイトが揃っている
  • 鏡が無い。などの意外な欠陥があったりする
  • 利用料は場所によってまちまち

このタイプにおすすめな人

  • ジムってどんな雰囲気か体験してみたい方
  • 実際に継続できそうかまずは確かめたい方
  • 敷居を下げてジムに通ってみたい方
  • 週4以上通えない人

まとめ

僕の個人的なまとめですが、

・筋トレ、ボディーメイクをガチめに頑張りたい人。早朝に朝活で利用したい人。盆、正月も筋トレに励みたい人 ⇒ 24時間ジム

・時間に余裕がある方、主婦層、中高年以上の方、エアロビ、ヨガもやりたい方 ⇒ 総合スポーツジム

がおすすめです。